スペシャリストラダー

看護実践能力向上システム

スペシャリストラダー

スペシャリストは、組織横断的に活躍することやチーム医療を推進するための調整能力、専門的技術や知識を用いて看護職のケ技術の向上を担う為の教育力、現場の課題を明確化し解決に導く研究活動能力、自らその課題に対して真摯に取り組む自律性が求められます。
院内で認定され活躍するコースを設定し、院内スペシャリストは自己のキャリア発達のテーマとして捉え、専門的知識・技術の習得を目指し、ジェネラリストと協働して看護の質向上におけるリーダーシップを発揮します。
※院内認定コースは調整中

スペシャリスト能力の構造

スペシャリスト能力の構造

スペシャリスト熟達度レベルの定義

  定義
レベルⅠ(S1) スペシャリストとしての資格取得直後をさし、専門分野に於ける活動を開始し、他施設の専門家の助言を得ながら、看護実践場面での支援を行える
レベルⅡ(S2) スペシャリストとして、自らが臨床実践場面で適切かつ責任ある支援を行える。専門分野の研究者としての助言を行うことができる
更新1回目
レベルⅢ(S3) 看護実践の専門分野としての自己の実績を積み重ね、科学的根拠の基、教育・研究に進んで取り組み、新しい概念開発を続けることができる
院内スペシャリスト育成に尽力する
更新2回目