部署内教育

看護実践能力向上システム

全レベル共通研修

目的

1)鴻池会の特徴である「精神科看護」「認知症看護」は、看護実践能力のどのレベルにおいても習得してもらいたい知識・技術として位置づけ、「精神科看護」は成人看護における「心の看護」として捉え科学的根拠に基づいた看護が実践できるようにしたい。
「認知症看護」は看護の対象が全領域にわたることから、学習を深め、より質の高い看護実践の基盤となる力を身に付けたい。
つまり、鴻池会で働くことによって、看護師個人の強みとして「心の看護」「認知症看護」が位置づけられる。

2)医療・看護・福祉・保健の動向にそった看護シリーズを全レベル共通研修として位置づけていく。

研修内容 研修の目的 講師 内容のポイント
精神科看護学研修 「精神」を理解し患者を観る力を養い、専門職として根拠のある看護を展開する
精神科看護研修での学び臨床現場において実践できるコアメンバーを育成する
外部講師
精神看護専門看護師

※年間6回の研修企画予定
(2回は全体研修
 4回はコアメンバー研修)
精神科看護の基本理解
看護展開の中にみる精神科看護の原理
精神科看護が見える看護記録
精神科看護実践と研究
認知症看護研修 認知症のメカニズムを理解し、根拠に基づいた看護を展開できる能力を身につける 院内認定看護師 院内認知症研修参加を必須とする
※調整中

部署内教育

鴻池会看護部組織に於ける、各看護単位には、治療・経過別に構成されており、「求められる看護」が明確になっています。よって、看護師に求められる能力、つまり育成すべき教育計画は各部署の特殊性が反映されています。
よって、看護部はこの特殊性を強みと捉え、各部署内教育計画を公開し、いつでもどこでも教育が受けられるシステム(部署内教育研修制度)を構築し、各部署が計画する教育研修に参加できるようにしています。これにより、利用者把握・各部署連携・人事交流等が計れ、未体験の看護に対する知識・技術・倫理等々を自己の意思に基づき習得することが出来ます。
部署内教育計画は、看護師のクリニカルラダー実践OJTを参考にして計画しています。