介護老人保健施設 鴻池荘

介護老人保健施設 鴻池荘

昭和63年に奈良県初の施設として誕生しました。その後認知症専門棟・ユニットケア・サテライト型を開設し、利用者の方々の自立を支援するために、多職種協働で看護介護ケアを提供しています。
医療との連携を行いながら、心身の機能の維持回復を図り、在宅生活を過ごす事ができるように支援しています!

老健2階

【認知症専門病棟】(老健2階)

昭和63年に奈良県初の施設として誕生しました。その後認知症専門棟・ユニットケア・サテライト型を開設し、利用者の方々の自立を支援するために、多職種協働で看護介護ケアを提供しています。
医療との連携を行いながら、心身の機能の維持回復を図り、在宅生活を過ごす事ができるように支援しています!

老健3階

【老健3階】

「安全・安心・安楽」を提供出来る様、多職種と協働し、利用者の求める生活・目標を理解し方向性に応じた介護サービス、生活リハビリテーションを行っています。

老健4階

【老健4階】

私達は、在宅復帰を行なう為に、利用者の方の自立した生活が過ごせるよう取り組んでいます。
多職種と協働し、利用者の方の求める生活・目標を理解し方向性に応じた介護サービス、生活リハビリテーションを行っています。

老健看護

【老健看護】

老健看護に求めらる能力
利用者の医学的身体管理(異常の早期発見)
多職種への医学的情報提供
介護職等多職種への身体的ケアの情報提供 (感染症・褥瘡・口腔ケア等)
利用者家族への身体的ケアの情報提供

看護の実際
口腔ケアは、平成22年から口腔衛生管理体制加算を算定し歯科衛生士(以下DH)と共同して月1回、口腔アセスメント表を用いて入所者の口腔内を観察しアセスメントを行っています。
また、誤嚥リスクが高い利用者や肺炎既往のある利用者に対しては月1回口腔アセスメントとともに喀痰吸引評価も実施しています。

サテライト蜻蛉 看護

【サテライト蜻蛉 看護】

サテライト蜻蛉は体調管理の下リハビリを行いながら自宅に帰るための準備や介護負担の軽減などを目的に入所される施設です。 ここでの看護は介護職やセラピスト、相談支援員をはじめとした多職種との適切な連携の下、利用者の健康状態を的確にアセスメントし、 体調管理を行いながら「生活の質」を重視したケアと在宅生活を継続できるケアを提供しています。

サテライト蜻蛉 介護

【サテライト蜻蛉 介護】

在宅に復帰する為に、好きな日課の再獲得やご利用者が主体的に行えるよう、課題の解決や目標達成に向けた介護を実践します。
介護の専門性を活かしたケアの提供と、ご利用者だけでなく、ご家族の方にも寄り添える温かい介護を日々目指しています。