看護部委員会

看護部委員会のご紹介

看護部委員会組織

看護部委員会組織

看護部教育委員会

看護職がさまざまなサービス提供の場面で求められるようになり、また、多職種連携の中で責任ある看護を提供する為には、今まで以上に、より質の高い・根拠のある看護サービスが提供できる能力と適切な看護判断ができる能力を持って、看護実践に求められています。 法人理念の実践のために、専門職業人としての知識・技術・価値観の向上に努め、アウトカムが得られる看護が提供できるように人材育成を目指し、「鴻池会看護実践能力向上システム(KNS)」を導入し、活動しています。

看護部質検討委員会

看護部質検討委員会は、「看護の質向上」を目指し、看護場面で展開競れている看護の技術の標準化をはかり、安全・安心・安楽な看護介護が提供されるように手順の整理・ラウンドを通し活動しています。また、患者満足度調査や職務満足調査を実施し、患者及び利用者に適切な看護が実施されているかを評価し、改善策を検討しています。一方、看護介護職員の満足度調査を実施しその結果が患者満足度にどのような影響を与えているのかを検討しています。

看護実践の証である看護記録には「ゴードンの機能的健康パターン」を取り入れ看護上の問題を明確にし、患者の全体像を把握し、看護展開が見える記録を目指して活動しています。

CST(コンチネンスサポートチーム)委員会

鴻池会法人理念である「自立支援」に向けて、患者及び利用者にとって快適な生活を確保するために、また家族・看護介護者にとって負担の軽減を図り生活の質を保証する一環として、排泄ケアに関する知識・技術の向上を目的に活動しています。

在宅支援の中で、排泄の自立は大きな影響を及ぼしています。患者及び利用者一人一人の排泄アセスメントを行い、その方にあった排泄方法の検討や適切なオムツの選択のためのアセスメントそしてその介助方法について検討しています。