ご挨拶
リハビリテーションの流れ
各科紹介
人員配置
リハビリテーション
精神科作業療法
介護予防事業
研修・スキルアップ
  理学療法
作業療法(精神科を含む)
言語聴覚療法
介護老人保健施設での
リハビリ
身体に対しての
リハビリ
生活リハビリ
認知症関連
研修・スキルアップ
鴻池会トップ > リハビリ > 鴻池荘リハ(研修・スキルアップ)
症例検討会
老健・病院・訪問の3部門共同での症例報告会を行い、臨床現場での問題点を多くのスタッフで共有し、よりよいリハビリが提供できる様に、日々、励んでいます
住環境ミーティング
自宅環境に合わせた、段差・手すり等を再現し、ご利用者にあった福祉用具の選定・手すり高等の検討を行います

検討した内容は、スタッフ全員で検討を重ね、最適な物を提供できるように、心掛けています
リハビリ整形回診
整形外科の医師により、2週に1度施設で、リハビリ方針や内容についての回診を行い、ご利用者にあったリハビリを提供できるように取り組んでいます
リハビリ専門医の回診
リハビリ専門医師により、2週に1度施設で、新しく入所された方のリハビリ方針について、回診を行っています
セラピスト内での勉強会
当施設では、生活の中にリハビリを取り入れること大きな目的として実施しています。 レクリエーションや大人数での体操もリハビリの一貫として、重要であると考えています  

当施設では、大人数で行う、リハビリとして、『ロビーリハ』という集団体操に取り組んでいます。 『ロビーリハ』とは、入所されているご利用者の対象像を分析し、入所者の方のレベルに合わせた体操メニューを理学療法士が考え、構成したもので、理学療法士の監督のもと、ケアワーカーが実施しています

また、集団での体操の効果や、体操内容について、勉強会を行い、よりよいものをご提供できるよう、励んでいます
リハビリテーション部復職サポートプログラム
  
一旦臨床から離れられた方を対象とした復職のための研修プログラムを準備しました
下記の通り個人にあわせ段階的に業務をスタートできます

研修期間については最短でも2週間をとり、面談にて経過を確認・共有しながら、ステップアップしていきます

 

 

初期面談

経験やブランク・不安点を共有し、基本となるプログラムを個々人に合わせカスタマイズすることからスタート

講義研修

知識の復習をしたり、新たな制度の理解を深めます
主な講義内容
  介護・医療保険の現状、当法人の特色と方向性、施設案内
  マニュアル研修、パソコン研修、診療機器の取り扱い説明など

診療見学・補助

教育担当セラピストの見学・訓練補助より診療に徐々に参加し、知識・技術・考え方などの感覚を取り戻していきます
カンファレンスや回診、同職種の他部門の見学を通し、求められる役割の理解も深めます

指導下担当

教育担当セラピストへの相談や指導のもと、患者さんを担当します
知識・技術・考え方・診療システムなどを確認しながら業務を行えます

独立担当

独立して業務を担います
不安点はすぐ解決できるよう、上司やリーダー、先輩などへの相談体制は継続します

 

 
鴻池荘 秋津鴻池病院 サテライト蜻蛉 琴彈の家 地域ケアセンター