ご挨拶
リハビリテーションの流れ
各科紹介
人員配置
リハビリテーション
精神科作業療法
介護予防事業
研修・スキルアップ
  理学療法
作業療法(精神科を含む)
言語聴覚療法
介護老人保健施設での
リハビリ
身体に対しての
リハビリ
生活リハビリ
認知症関連
研修・スキルアップ
鴻池会トップ > リハビリ > 秋津鴻池病院リハ(研修・スキルアップ)
「臨床現場」を第一に、卒業後臨床教育を展開
「卒業後から患者さんを担当するのが不安」「先輩セラピストに聞きにくい」
「何をやれば良いのかわからない」
このような声を多く耳にすることからも 「職場に教育体制が整っていること」をめざし 研修体制の整備に取り組み続けています
指導下担当制
クリニカル・クラークシップの考え方をベースに、指導セラピストのもと患者さんを担当し、現場での具体的・実用的指導を中心に研修をすすめます 担当数は個々人の能力にあわせて考えます
疑問や問題を現場で解決できる回診
リハ整形・回診
リハ専門医師と、診察・画像データなどを踏まえ、訓練リスク・訓練方法、治療方針などについて検討しています
リスク管理回診
リハ専門医、または認定理学療法士とリスク管理を中心とした回診
必要に応じて心電図やエコーを使用し、安全に行える訓練負荷や方法を現場で検討します
効果的な連携・チームアプローチの為の多職種ミーティング
ケースカンファレンス
リハビリチームとして、医師・看護師・ケアワーカー・ソーシャルワーカー・栄養士・リハビリスタッフが生活全体にわたるリハ計画の進捗状況と今後の方針の確認・意思統一を行います
病棟別検討会
各病棟と、連携や協働、リハ実施上の問題点や課題について検討します
補装具作成や住宅改修に向けて検討会
補装具・車いすミーティング
より良いものの作成をめざし、義肢装具士を交え、各種補装具・車いすなど、症例による使用場面のデモンストレーションをふまえた検討会を行います
住環境ミーティング
浴室・トイレ・玄関・階段・段差などに対して、住宅改修や福祉用具の購入に際して、より良いご提案をしていくため、各寸法・物品の選定・改修後のフォローアップを含めて検討会を行います
共に学べる環境づくり
英文抄読会
各セラピストが興味のある英文献を和訳して発表し、海外の知見・他部門の知識に触れます
新人研修プログラム(週1回)
1年目セラピストを対象にリハ医療で必要な知識などを講義的に研修します
テーマ:接遇・画像所見・認知症廃用症候群・高齢者の運動負荷など
研究⇒発表の過程を体験し、学会へ
リハビリテーション部研究発表会(年1回)
各部門チームごとに研究発表します
日々の臨床現場の疑問に対する取り組み成果等をまとめステップアップ!
病院部門・老健部門・在宅部門を経験
部門間ローテーション
 各ステージでのリハビリテーションを経験することでの幅広い視野とバランス感覚 の育成を目指します

 

リハビリテーション部復職サポートプログラム
  一旦臨床から離れられた方を対象とした復職のための研修プログラムを準備しました

  下記の通り個人にあわせ段階的に業務をスタートできます

  研修期間については最短でも2週間をとり、面談にて経過を確認・共有しながら、ステッ

  プアップしていきます

 

初期面談

経験やブランク・不安点を共有し、基本となるプログラムを個々人に合わせカスタ

マイズすることからスタート

講義研修

 知識の復習をしたり、新たな制度の理解を深めます

 ・主な講義内容

 介護・医療保険の現状、当法人の特色と方向性、施設案内

 マニュアル研修、パソコン研修、診療機器の取り扱い説明など

診療見学・補助

 教育担当セラピストの見学・訓練補助より診療に徐々に参加し、知識・技術・考え方

 などの感覚を取り戻していきます

 カンファレンスや回診同職種の他部門の見学を通し求められる役割の理解も深めます

指導下担当

 教育担当セラピストへの相談や指導のもと、患者さんを担当します

 知識・技術・考え方・診療システムなどを確認しながら業務を行えます

独立担当

 独立して業務を担います

 不安点はすぐ解決できるよう上司やリーダー、先輩などへの相談体制は継続します

 

 

 

 

鴻池荘 秋津鴻池病院 サテライト蜻蛉 琴彈の家 地域ケアセンター