外来のご案内
診察を受けられる方へ
精神科デイケア
精神科訪問看護
当院で行っている
検査内容
病棟案内
入院の手続き・
費用について
食事について
認知症疾患
医療センター
もの忘れ外来
サポートシステム
サイトマップ
鴻池会トップ > 秋津鴻池病院 > 基本方針
秋津鴻池病院の基本方針
生活を支える視点に立ち、癒しの心を持って全人的な医療サービスを提供します。
患者さんの尊厳を守り、安全・公平な医療サービスを提供します。
リハビリテーション機能を最大限に活用し、在宅生活の継続を治療目標としています。
認知症のあらゆるニーズに応えます。
お互いの専門性を尊重し、チーム医療・チームケアを推進します。
他の医療機関・介護サービス事業所等との連携を深め、医療・介護・福祉の地域内完結を目指します。
秋津鴻池病院倫理規定
私たち鴻池会の職員は、医療はサービス業であるとの考えのもと、人を愛する心を持ち、職業意識に根ざした自己犠牲の精神で医療・介護に当たります。
臨床の場にあって、私たちは
1. 患者さんの権利を熟知し、患者さんの自己決定を尊重し、自立支援とQOLの向上に努めます。
2. 治療方針を分かり易く説明し、同意を得た上で患者さんを良きパートナーと位置づけて治療に当たります。
3. 医療サービスの提供にあたっては、多職種協同のチーム医療を実践します。
4. 終末期医療の治療方針は患者さん・家族の参加を求め、医療チームとして決定します。
5. 行動制限の最小化に努めます。
臨床研究にあたって、私たちは
1. 対象となる患者さんに対して、事前に研究の主旨を説明し、結果の発表を含めて同意を得た上で実施します。
2. 結果の発表にあたっては対象者のプライバシーを尊重し、個人が特定できないように最大限の配慮をします。
3. 研究の可否はヘルシンキ宣言を尊重し、鴻池会倫理委員会で決定します。
患者さんの権利
当院をご利用の患者さんに対し、以下の権利が守られるように私たちは精一杯の努力をいたします。
1. 患者さんは、公平で、思いやりのある、人格を尊重したケアを受ける権利があります。
2. 患者さんは、自分の病気に関して、医師から納得がいくまで説明を受ける権利と、法律が許す範囲で治療を拒否する権利があります。
3. 患者さんは、自分が希望する治療・ケアを表明し、担当医師や看護従事者等と相談する権利があります。
4. 患者さんは、プライバシーについて、あらゆる配慮を求める権利があります。
5. 患者さんは、医療費の支払いに関して、請求書を点検し、納得がいくまで説明を求める権利があります。
患者さんへのお願い
患者と医師は、病気に対して、共に立ち向かう良きパートナーの関係になることが望まれます。そのためには、症状に関する情報を隠すことなく医師に伝えるとともに、医師からの指導事項を守って下さるよう、お願いします。
当院は、次の施設基準等を近畿厚生局長へ届出て、実施しております。
病棟機能

地域包括ケア病棟入院料1(看護職員配置加算・看護補助者配置加算)
療養病棟入院基本料1(療養病棟療養環境加算1・在宅復帰機能強化加算)
回復期リハビリテーション病棟入院料2(リハビリテーション充実加算・
休日リハビリテーション提供体制加算)
精神科急性期治療病棟入院料1(精神科急性期医師配置加算)
精神病棟15対1入院基本料(看護配置加算・看護補助加算2)
精神療養病棟入院料(重症者加算・退院調整加算)
認知症治療病棟入院料1(退院調整加算)

入院基本料等加算
救急医療管理加算
療養環境加算
療養病棟療養環境加算
重症皮膚潰瘍管理加算
精神科応急入院施設管理加算 
精神科身体合併症管理加算
総合評価加算
医療安全対策加算2
精神科地域移行実施加算
後発医薬品使用体制加算2
退院調整加算
精神科救急搬送患者地域連携受入加算
救急搬送患者地域連携受入加算
患者サポート体制充実加算
感染防止対策加算2
データ提出加算
診療録管理体制加算2
入院時食事療養(T)
入院時生活療養(T)

特掲診療料等
地域連携診療計画退院時指導料(T)
認知症専門診断管理料
薬剤管理指導料
CT撮影(16列以上マルチスライス)
脳血管疾患等リハビリテーション料1
運動器リハビリテーション料1
呼吸器リハビリテーション料1
集団コミュニケーション療法料
認知症患者リハビリテーション料
精神科作業療法
精神科ショート・ケア(大規模なもの)
精神科デイ・ケア(大規模なもの)
医療保護入院等診療料
外来リハビリテーション診察料
夜間休日救急搬送医学管理料

鴻池荘 秋津鴻池病院 サテライト蜻蛉 琴彈の家 地域ケアセンター