回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、在宅復帰を目標に、集中的なリハビリテーションを行う病棟です。

当院ではリハビリテーション科専門医が勤務し、リハビリスタッフが多く在籍していることで、質的・量的にも十分なリハビリテーションを提供しています。また、担当の相談員が、入院から退院・退院後の生活の支援まで、決め細やかなお手伝いをさせて頂きます。

対象患者

  • 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症または手術後2ヶ月以内の状態の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折または手術後2ヶ月以内の状態の方
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術または発症後2ヶ月以内の状態の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷後1ヶ月以内の状態の方
  • 股関節または膝関節の置換手術の術後1ヶ月以内の状態の方

リハビリの状況

1人ひとりの患者さんの状態にあわせ、理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士が担当します。毎日それぞれのプログラムに沿って、午前・午後に分けて集中的にリハビリを行います。 病棟での個別リハビリのほかに、レクリエーションや屋外でのリハビリ等も実施しております。ご自宅退院への準備については、早期に理学療法士や作業療法士がご自宅へ訪問させていただき、家屋環境調整や必要な福祉用具等についてもご相談、アドバイスさせていただきます。

退院に向けてのご相談

入院時より、全ての患者さんに医療ソーシャルワーカーが担当します。 今後の生活状況のご希望をお伺いしながら、必要な方には、介護保険や障害者自立支援の制度などの利用を案内するとともに、退院後の生活についてご相談させていただいております。 また、ケアマネジャーとの連携・在宅サービスの紹介、調整、施設の案内など、退院後のことについてもご安心いただきます。

入院中の生活

365日、休まずリハビリテーションを提供します

患者さん各々の体調にあわせて、集中的なリハビリテーションを毎日提供できる体制をとっています。

病棟生活のなかでの「生活リハビリ」をさまざまなスタッフと共に実践し自立生活の基盤づくりを目指します。

当院ならではの取り組み

専門医による回診

  • 整形外科回診
  • リスク管理回診
  • 嚥下造影回診

夕食後の「夜リハ」・月木土/お楽しみ倶楽部・水金

退院後の生活を見据えて、19時以降にリハビリや、入院前の習慣的な活動を就前に実施しています。

季節行事/病棟レクリエーション

季節を感じながら、屋外を移動したり、役割を担い、他者との交流を図る機会を設けています。

【お問い合わせ・見学】
秋津鴻池病院 医療相談課 TEL:0745-63-0601(代)(9時~17時)
住所:奈良県御所市池之内1064番地
Email:hp-soudan@kounoikekai.com